1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

海へと~まちぼうけ編~

こんにちは(^o^)/
先日から夏風邪を引いてしまって、またしても悪夢が頭をよぎってしまった南です。
私だけに限らず、周りのみんなも同じだったんじゃないかな!?(^^ゞ
でも、早めの受診とお休みをいただいたので悪化せずに済んでいます。
このまま治して、素敵な“みなみ生誕月間”を過ごしていこうと思います(笑)

さて、今日の事務所はと言いますと…
キャンプの片付けは当然の如く終わっていて、いつもの雰囲気で時は流れております(^^)
2日間休んだので、浦島太郎な気分…(笑)

では、「ナンチャン見聞録」の後編にまいりましょう♪

『あああ…。た、た、食べ物は大丈夫よ。』

南は訴えるも、買ってくる雰囲気アリアリの女性は笑顔でその場を去っていった。
そして、南はさらに戸惑いを強めていた。

もしも、結構な量の食べ物を買ってきたらどうしよう…。
もしも、このまま怪しい関係になっていったらどうしよう…。
なんちゃって(笑)

それから少しの時が流れて、やがて周りからは香ばしい匂いが漂い始めていた。
「そろそろ来るかもな」なんて、期待とは違う何か覚悟めいたものを南は感じていた。
時間が経つにつれて、戸惑い一辺倒だった南の心境にも変化が生まれ始め、置かれている状況を楽しもうとしている南、このままなるようになったらいいと投げやりな南、逆にこの機会に仲良くなれたらと思う前向きな南…。
次第にいろんな南が交錯していた。

だが、しかし。
待てども例の女性の戻ってくる気配がない。
周りを見渡しても、その場に女性の姿は見当たらない。
不思議さを感じつつも、女性の言葉を信じ、もうしばらく待つことにした南。
照りつける日差しの強さはさらに増し、南の肌をジリジリと焦していった。
更に時間は経過し、南は小さな声でこう呟いた。

『そろそろ帰ろうか…。』

そう伝えると帰り支度を終え、砂浜のデッキの上を進み始めた。
通りの向かいに渡るための坂路に近づいたとき、思いもがけない…いや、ある意味、想像できた光景がそこにはあった。
女性は、売店の一角のイートスペースで、その場で仲良くなったと思われる外国人男性とかなり盛り上がっていた。
それを見た南はすぐに悟った。

「忘れ去られてしまっていた…。もしくは、なかったことになっている…。」

一瞬はもの凄い空虚感に襲われた南であったが、すぐに安堵感にやんわりと包まれた。
そして、南は一言ぽつりと零した。

『気づかれないように帰ろう…。』と。

坂路を登っていく南は“ひとなつのまちぼうけ”を噛みしめつつ、シーサイドももち海浜公園を後にした。



というわけで、今回のナンチャン見聞録はいかがだったでしょうか??
一味変えて小説風にお送りしました。
私のピュアさ!?が垣間見えた旅だったのではないかと思います(笑)
それではまた、次の旅で。

それでは。
See you next time.
Bye-bye‼

コメントの投稿

secret

COMMENT

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ライフレボ管理人

Author:ライフレボ管理人
ライフ・レボリューションのブログ担当です。
毎日を面白おかしく綴っていきますよ!

ライフ・レボリューション公式ホームページはこちら

アナログ時計(黒)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

お散歩

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR